詳しくはこちら……
コーヒーぜんざい!!
味のマジックとして完成した第一号の商品
昭和49年10月1日に発売以来多くの方々にご賞味いただいておりますが、この一番の不思議さは《小豆もアイスクリームも甘いのに、このアイスクリームを溶かすことにより喉越しの後味が甘くなくなる?》って本当かしら!!。 
 この疑問にお答えするのには《食べ方の説明どうりに味わって初めて納得できる》のが特長であって、しなかった場合には《当然、後味が甘くなります》ので本当か、嘘かをお試し下さい
 特にお年をめした方が一様に『清水寺を参拝してこのような珍しいものを賞味でき、寿命が10年延びる』と喜びの表情でお帰りになるのが一般的で、何故ですかと、お聞きしますと『おぜんざい』と『おコーヒー』が一緒に食べられた上に最初の印象である『味が合わないのではないか?』との考えが全く間違っており、《合わないどころではなく“美味しくて後味にくどさが無く”&“コーヒーの香り”が非常に良い》とのお言葉をお聞きするのがほとんどです。