ごひいきに
   コーヒーぜんざい”って何ですか?
 “ぜんざい”のように甘いものですか?それとも、“コーヒー”と一緒に食べる“ぜんざい”なのですか?一体どんな品物なのか想像もつかないのですが!!
 取り敢えずは試してみたいのです。よろしく!


                            写真にマウスを食べていただいた商品の写真が出ます!
 “コーヒーぜんざい”は日本で始めて当店が開発した商品で食材からはとうてい考えられない、《後味がくどくなくて甘さが残らなく、同時に薫り高いコーヒーの香り》が堪能できるのが最大の特長です。
 勿論、食材としてアイスクリームや小豆を使っておりますが、《食べるときには必ずアイスクリームを十分に溶かして食べる》ことが絶対に必要で、溶かさずに食べた場合には“コーヒーぜんざい”としての特長が味わう事が出来ないのです。
 《甘いアイスクリーム?を溶かして甘い小豆を食べるのですか? すると当然更に甘く々なりますね!》という疑問にもお答えする意味もあって写真入で説明をしております。
 この通りに味わっていただく事によって《皆様が共通してお持ちの疑問》が解決出来ます。
   
 私も実は洋菓子作りに非常に興味を持っておりまして自分でも作りますが、この“コーヒーぜんざい”の味はとうてい真似出来ない絶品の味で本当に美味しいですね!
 このような味覚の世界があるとは到底想像も出来ませんでしたし、私にとっては新発見した味覚です。
     33年前からあるのですか〜!!
 小豆は美味しくコーヒーの香りも非常によくて、しかも、お互いが味を邪魔しないのですね!!
 この世界は作る事が出来ないですね!!
         
 “これ 大豆?”も非常に美味しいですね!! 何といっても《甘さを絶妙にバランスさせた大豆の美味しさがとても上品で、その舌触りの美味しさは機械作りのような味とは全く異なりますね!!》との印象を受けました。

        今日は研修旅行に来ました!!
 滋賀県の守山市、京都市と神戸市へと1泊2日の予定で研修にやってきました。
 守山市には《商品は勿論、接客サービスが非常に参考になる店》がありまして今日の午後京都駅に着き、守山市へと行き見学の後にここ《味処マミ》に今ヤット着きました。
 
実は先日《ご来店いただける旨のお電話をいただき》お待ちしていた次第です。
 明日は神戸の山間地にある《マイカーや観光バスでの来店が多くロールケーキが一日1000本販売している店》があり見学する予定なのです。
 私も色んなことを参考にして今後の事業の展開、発展に生かしてゆきたく考えているのです。
 ご一同のメンバーの写真をご紹介しておりますが、中には今年のパティシエのコンクールに参加して日本一を目指している方もおられます。

 
無断転記、掲載禁止








 ご自身でも料理を作りプロ級の腕前を持つ方が最近偶然にも店の前を通りがかり、暖簾の“コーヒーぜんざい”なる文字をみたり、また、サンプルケースの商品説明を読んで『今までにない味覚の世界の“コーヒーぜんざい”や“レア・チーズ五味”なるメニューに興味を持った』人達が惹かれるように来店していただき、ご賞味を頂いた方たちの印象を店内での会話を通した結果をたつずったものです。
 なお、掲載写真はご本人様の了承を得ておりますが住所、氏名、年齢や職業等の個人情報につきましては一切存知ませんのでご了承ください。
“コーヒーぜんざい”って何ですか?