何か懐かしい
   本質のお店!
 帰りたくなる(戻って来たくなる)ようなお店ですよ。
 “お母さん”、“薫り”と“歴史”の居場所の全部ひっくるめて『味処マミ』です。
 長く、なが〜〜く守ってもらいたいです。
 有難う御座いました。
       K.M

   二、三回この店に来ている女性の紹介で!!

 僕たちは初めてですが、今までにこの店に来ている女性の話しを聞いていましたので今日来ました。
 取り敢えず“コーヒーぜんざい”と“ほうじ茶のパフェ”をお願いします。
 
“コーヒーぜんざい”は発売以来今年で33年目に入りますし、“ほうじ茶のパフェ”でも十数年の月日を経て……
      ……     ……………
 更に、“レア・チーズ五味”と“これ 大豆?”をお願いします。
 
“レア・チーズ五味”は発売して約28年が、“これ 大豆?”の方は昨年の2月末に完成をした商品です。
 
これ等の特徴についてはいろいろありますが、一番印象に残ると思われるのは抹茶との兼ねあわせにありその演出効果には驚くでしょう。
 くれぐれも、ここの説明通りに味わっていただいた場合のみに賞味できますので…………

     ―――――――――――――
 “レア・チーズ五味”、“これ 大豆?”、“コーヒーぜんざい”と“ほうじ茶のパフェ”のどれも美味しくってどの品物が良いかは決められない。
 “レア・チーズ五味”は『五種類の味のうちではチーズが一番シンプル』なのに抹茶との兼ね合わせも良くて、最高に美味しいです。
 “これ 大豆?”は抹茶と良く溶け合って『マッタリとした舌触り』が美味しい、“ほうじ茶のパフェ”の方も『ほうじ茶の薫り』が抜群で本当に美味しい。
 食べていて最後に残った部分の薫が特によくて、例えようの無い『薫を伴なった美味しさ』に感動しました。
 私たちは小さい時に何時も『茶粥』をおかずに育ってきましたのでこの“ほうじ茶の薫り”には懐かしさがこみ上げてくるのです。

  正に“薫り”の世界を味わいました。
 京の伝統を味わいながら、でも肩ひじはらずに和んだ時間を過ごせました。
 お母さんの人柄、お店の雰囲気、全てがまとまって“ぜいたく”をさせてもらいました。
 新作、是非味わいに来ます。
      T.H


      後日談
早速HPを閲覧させて頂きました。
自分の写真&コメントが掲載頂けた事に対し
嬉しい反面
他の皆さま真面目に評されているのに
自分はど〜もオチャラケてしまう悪い癖が出てしまってて
恥かしいなぁ・・・という反省の念も・・・(笑)。
 
例の“ナゾの商品”も正体(麩)を知って改めて“驚愕”!!
正直なところ未だ信じられないのですが
“事実”なので仕方ない(笑)!
 
やっぱり次回も五味と両方食べなきゃ!ですね。

         前にはよく来ていたのです!!
 
彼女は初めてですか?『とにかく不思議で抹茶の味も後味も残らなくて、それでいて、美味しい』といった話を聞いていませんか?
 
『そうなんですよ! とにかく美味しいから、食べてみないとその良さが分からない』とよく言われているのです。
 
今度ね京都へ行くと言うので『じゃ! マミへ行って“レア・チーズ五味”をたべよう』とやって来たのです。
      ………      ……
 
最初は平成5年12月に放送のあった番組『〜〜』がきっかけで寄せてもらって以来何度も来ていたのですが、最近はご無沙汰しておりますが知り合いには絶対にお勧めの店として紹介をしています。
     ………   ………   ………
 
ところで、今回は特別に『非常に珍しい商品が出来ましたので試食をしていただきます』。何で出来ているかについては『ご自分の味覚で確かめてください』。
 正解はH.Pにて確認………

       ―――――――――――――
 
“レア・チーズ五味”は正に味のマジック!!
 レア・チーズの究極と言えるでしょう。
 これを食せずして『味処マミ』を語る事無かれ!!

 ナゾの新商品
   ナゾ、ナゾ、ナゾ? 正体不明(現時点)ですが『“レア・チーズ五味”』にせまる美味しさです。
 次回は『“レア・チーズ五味”』とどちらを注文するか困っています。 そうだ、両方を食べよう!!


 
“レア・チーズ五味”
 待ちに待った“レア・チーズ五味”!! 初めて食べました。紅茶から味まり最後のチーズ味まで楽しませていただきました。
 ラストのチーズ味トテモ美味しかったです。 でも、不思議! 紅茶の渋みが消えて!!

 ナゾの新商品
  材料は何から出来ているのでしょう??
 濃厚な味なのに……アッサリいている……
 次は商品となって出てくるんですね、楽しみにしています
。 

 
      後日談

 
お食事も勿論なんですが

しゃべり好きの自分としては
店長さんとのお話も毎回の楽しみとなっております。
 
“店長さんとの楽しい会話と他では味わえない美味しい創作料理”
 これが味処マミの真骨頂ですね!!
 
 また京都に旅行の際には必ずお邪魔させていただきます。
 
また食べたくなってきた・・・。
ナゾの新商品
  詳しくはこちら(2)…

ナゾの新商品
  詳しくはこちら
(1)…
       ほうじ茶のパフェ2つ!
 
や〜! お久しぶり ……の方でしたね! 祇園祭の宵祭りは如何でしたか? 素晴らしかったですか?
 
ところで,今日は新商品を特別に試食していただきますのでお試しください。
 でも『何で出来ているかはご自身の味覚を信じて』当ててください。
 万一、分からない場合には近々H.Pで公開しますのでご一覧ください。

   ――――――――――――――

 京都に来たらヤッパリ食べたくなるのが『マミ』の“ほうじ茶のパフェ”です。今回も寒かったけれど“ほうじ茶のパフェ”をいただきました。   美味しかったです。

 
新メニューの試食滑らかな舌触りでトッテモ美味しかったです。
 けれど……ウ〜〜ッ。何の味なんだろう これは…… 《ゴマのような、きなこのような どこかで食べた事のあるような風味が鼻から抜けるんだけれど〜》
 『何を使っているのか早く知りたいです!! きっと、エッ〜〜!!』って驚く素材なのでしょうね! 
帰ったらH.Pをみますね。楽しみにしています。 
 此れからも私たちを驚かせるような創作メニューを作ってくださいね。
  今日も楽しい時間を有難う御座いました。
             あっこ & えり 
無断転記、掲載禁止
偶然にも店の前をと通りがかり、“コーヒーぜんざい”なる文字をみて興味を抱き、また、サンプルケースの商品説明を読んで『今までにない味覚の世界』に興味を持ち、惹かれるように来店をいただいた方たちの印象を店内での会話をとうした結果をつずったものです。
 なお、掲載写真はご本人様の了承を得ておりますが住所、氏名、年齢や職業等の個人情報につきましては一切存知ませんのでご了承ください。

このような味の世界があるのねェー